リフォーム減税延長

 
長男の生まれて初めての虫歯!
しかも前歯!かなり目立ちます。やはり歯磨きは毎日見てあげた方がいいか。
最近の歯医者は痛くないらしく子供が行くことに怖がりません。小さい頃虫歯
になった僕は歯医者に行くのがかなり憂鬱でした。毎週の決まった日時で
予約を入れますが毎週その日は朝からかなり憂鬱だったのを覚えています。
最近安倍総理になってからマスコミが取り上げたアベノミクス効果なのか
株価が上がり円安が進み、賃上げを発表する企業も出てきて、景気が上がって
来たような気もします。また今年は相続税などは実質増税の形になるようですが
その他の減税項目もかなりの数になるようで、使い方によっては恩恵が受けられ
るものもありそうです。
その中の一つ、以前よりありました時限立法のリフォーム減税が延長される
事になったようです。具体的には以前より個人が住む住宅を一定の基準を満たす
省エネ化やバリアフリーにするリフォーム改修工事について税制優遇措置が
ありました。こちらの措置は去年末で期限切れとなっていましたが、さらに
期間を5年間延長する方針が決定されたとの事です。今年の1月以降の工事
にも遡及して適用されます。
消費税が増税されるための負担増を軽減するのが狙いで、リフォーム改修
工事にかかった費用の10%を所得税から控除されます。どれだけリフォーム
価格が上がっても常に10%の控除ではなく上限が設定されており省エネ
化のリフォーム工事で20万円が上限、バリアフリーでは15万円が限度です。
ただし太陽光発電、ソーラーシステムの設置では30万円が上限です。
省エネ化では消費電力の大きいエアコンや床や窓の断熱性能の上げる
工事などが対象で、バリアフリー化では廊下の幅を広げたり階段などに
手すりを付ける工事などが対象になります。
奈良 リフォーム 不動産サイトでは今回は不動産広告を入れ替えと
SEO対策を順次行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です