地震保険の制度見直し

 
嫁さんの実家の五條市内で行われる町内会の祭りに出た一コマ。
あまり内容は聞いていませんが山車を引いたりするらしく、本人は無表情で
すが割とサマになってます。
財務省がこのほど東日本大震災を受け従来からある地震保険について、制度
見直しや今後予測される災害に向けての財源や利用拡大を目指すため専門家
らでつくるプロジェクトチームを立ち上げたという記事を目にしました。
なんでも地震保険に関し政府と各保険会社は震災被害が起こった時に補充
できるようにと「準備金」を常々用意しておりこの度起こった東日本大震災に
関して支払われた保険金はおよそ1兆円以上に上り、この支払により政府と
民間保険会社の準備金の合計がほぼ1兆円になった模様。
近い将来首都直下型地震が発生した場合、保険金の支払い総額が今の
準備金では賄えなくなる可能性が出てきているようで早急な準備金の
確保が必要になっている。
準備金としての財源の確保には保険の補償内容を充実させる必要があり、
負担と保証のバランスを保ち地震が少ない地区に住む人へが加入しても
メリットのあるようにして利用拡大を目指すそうです。
地震に対する個人の備えも大切ですが地震が起こった時の保険への対策
も重要ですね。
奈良県不動産販売、リフォームサイトでは部分リフォームの中で、最近
増えてきたマンションのバリアフリー工事の詳細を掲載しました。また
フェイスブックやツイッターへのボタンを各ページに設置を完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です