トイレリフォーム例の価格を変更しました

 最近はリサイクルや再資源化が活発です。
建物の解体工事でもかなり前からリサイクル法があり、
やみくもに解体して、廃材をはいさよなら!ではなく、
きちっと項目別に振り分けて処分しないといけません。
また最終処分まで書類で管理されています。
かぎりある資源なのでこのまま使い続けてはいさよなら!
していたら必ず足りなくなるのは誰でもわかります。
当社も解体工事やリフォーム工事のお仕事を頂いて
おりますのでその点はきちっと行っております。
話は変わりますが、部分リフォームのトイレ改修
金額を安く変更しました。自分で掲載しましたが、
後から見直すとどうも高いイメージでしたので
積算しなおし、勉強しました。
建物解体処分のリサイクルだけではなく、昨今では、
住宅リフォーム工事で発生する、廃材も再資源する
方向にあるようです。
たしかに住宅リフォームでも建物解体でも廃棄する
材料の量は違えど内容は住宅から出たものなので
同じですね。
日経によるとLIXILというところが住宅のリフォームで発生する
廃材を収集、運搬して再資源する施設を茨城に開設したようです。
当面はシャワートイレや水栓金具の収集や分解、リサイクルから
初めて最終的には住宅リフォームで発生した住宅設備機器
の全てをリサイクルできるようにするらしいです。
解体廃材の処理がかなり厳しくなっていますが、厳しくなれば
手間も増えるのでその分コストも上がってしまいます。
そうなると安く解体廃材処理を請け負って不法投棄してしまう
輩が増えてしまいます。
建築業からでる廃材の不法投棄の量はかなりの量らしく、
環境省の調べでは2008年で産業廃棄物20万トンのうち
約87%が建設系の廃材になるらしいです。
リサイクルすれば立派な資源なのにもったいないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です