太陽光設置住宅100万件突破

 
長男が七五三に行った時の写真です。橿原神宮。
飾られた花にもっと寄るように言ったらこうしてくれました。
すでに6年前です。
先日太陽光発電を設置すると決めたので現在補助金の申請と工事待ちの状態
です。今までの電気代がどれだけ減り売電がどれくらいの価格になり
毎月の設置に要した費用のローン支払いを考えるとはたしてよかったのか
悪かったのかは実際つけてみないとわかりません。想定というか希望ですが
ガス代はもちろんオール電化なのでなくなりますが電気代がゼロになり
毎月支払っている設置費用のローンが今まで払っていた電気代とガス代の
合計とくらべてちょっと安くなり、売電がプラスアルファという風になったら
いいなと思いますがはたして・・・
JPEA一般社団法人太陽光発電協会によりますと2012年4月時点で
住宅の屋根に太陽光発電システムを設置した家が100万件を超えたらしい
です。太陽光発電システムの普及開始が1994年4月との事なので
18年目で突破という事です。
国内の戸建住宅は2700万戸あるらしいのでその数字からいくと
まだまだ設置していない住宅が多いように思います。
しかし調査では国内の戸建住宅のうち太陽光発電システムが
設置可能な屋根を持つ住宅は約1200万戸との事なので一割近く
普及しているという事になります。
一般的に一戸建て住宅1件の発電量は4キロワット前後ですが、100万件
での累計発電容量は約4ギガワットらしく、4ギガワットの発電容量は
石油に換算すると約9億リットルにもなり総発電量では火力発電所約1基
分になるという事です。個々があつまるとすごい数字になりますね。
奈良県不動産販売リフォームサイトでは新築リフォーム詳細ページで
リビング詳細写真及び廊下詳細写真を追加しました。また不動産広告
先日配布したものに入れ替えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です