写真を更新しました~懐かしさ漂う写真~

 
いつの時代でもこんな写真がありますね~
夏の暑い日、家の庭でビニールプールをしてもらい近所の子と一緒に入って、
一通り遊んだ後にスイカやアイスをもらうという思い出がみなさんもあるのでは
ないでしょうか?
うちの子も嫁さんのおばあちゃんちの庭でビニールプールをさせてもらい親戚の
子とアイスを貰った写真です。よこの男性は女の子の親で僕ではありません。
この時うちの子は3歳をアピールしてたようです。
最近は太陽光発電システムを搭載する住宅が増えてきました。以前と比べて
価格も低くなり求めやすい価格になったのも普及の後押しをしているのでは
ないでしょうか。太陽光パネルも日本の企業が作ったものが多かったですが
最近は中国などのメーカーが作成した安価で高性能のものも出ています。
そこで気になるのは太陽光発電の補助金制度ですが、いつも期間限定で
開始されてあっと言う間に終了します。補助金制度を受付ている太陽光
発電普及拡大センターでは4月下旬から始める補助金事業の内容を
先日発表しました。
今回の補助金対象のシステムは2種類に分けて、最近多くなった低価格な
システムへの補助金額を高めに設定しているようです。詳細は、1KW当たりの
価格が55万円以下の製品には1KW当たり3万円、1KW当たりの価格が
475000円以下の製品には35000円というもので低価格なシステムへの
補助金額が高めに設定されています。こうした事からも太陽光発電システム
を低価格にしようという動きが見て取れます。しかも価格だけではなく、
変換効率も基準にしています。シリコン単結晶の時は16%以上、シリコン
多結晶の時は15%以上、薄膜のものは8.5%以上、化合物のものは
12%以上など、これらの基準を満たしていなければ補助金の申請は
できないというものです。つまり低価格高性能な太陽光発電システムの
普及を促しています。
奈良県南部不動産販売、リフォームサイトでは、相互リンクのページ
追加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です